ノーザンケンタッキーだより ~オハイオ川のほとりから~

*引きこもりグータラ主婦の初めての海外生活日記*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

おすすめワンタンスープ

Captn's Packの「Shrimp Wonton Soup」。

Whole Foodsの冷凍コーナーに置いてあるんですが、私のお気に入りです♪
香港で食べたワンタン麺に近い味。
ソックリとまでは行かないけど、あっさりスープに結構しっかりしたエビワンタンが
5つ入って美味しい~。

これです。

soup.jpg


Rich woodにあるHong Kong Cafeのワンタン麺もあっさりとしててウチの人は好きなんだけど、
ワンタンがポークなので、私はちょっと匂いが気になって好きじゃなくて。

カップに入っているので、お水を入れてレンジでチン!で出来上がりです。
ネギ(ちょっぴり入ってるけど)や、マッシュルーム、ほうれん草なんかを一緒に入れて
レンジして頂いてます。

お試しあれ♪
スポンサーサイト
別窓 | 生活情報 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

Touch of Amish

本日もおすすめShopのご紹介です。

Touch of Amish(1853 Petersburg Rd.,Hebron)は、HebronのPetersburg沿いにある小さなお店。
アーミッシュが作ったチーズや卵、ソーセージなどの食料品、また木製テーブルやバスケット、
ソープなども置いてあります。

中でも不定期に入ってくるパンがおススメ。
特にWhite Breadは日本のソフト食パンのようで、特にトーストすると美味です。
オハイオのアーミッシュカントリーに行った時に食べたりして、
アーミッシュのパンが美味しい事は知っていたんですが、遠くて買いにいけないし、
月1回程度でも近所で買えるのはとっても嬉しい♪

欲しいパンと連絡先を伝えておくと、入荷次第電話をくれます。
私はDinner RollsとWhite breadを予約してます。

他にはビーフジャーキーや、バター、パンケーキの素も我が家のお気に入り

商店街でもなく、大きな看板が出ているわけでもないので、絶対見逃してしまうお店ですが、(^.^;
お近くの方はPost Officeに行くついでにでもどうぞ。
別窓 | 生活情報 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

McGlasson Farms

昨日はついに、雪(みぞれ?)が舞い、今朝は氷点下まで下がりました。

今日は、もう11月に入って閉店してしまったのですが、ファーマーズマーケットのご紹介です。
帰国前に、いいお店はお知らせしておかないと。(^.^;

ここは大体6月くらいからハロウィーンが終わる頃までOpenしているんですが、
初夏からの桃が有名みたいで、オハイオ川沿いにポツンとあるファームにもかかわらず、
週末はいつ行っても結構にぎわっています。
私のお気に入りは、リンゴの季節に出るApple Cider。
とっても新鮮で、当然ストレート果汁なので飲みやすい。
息子も大好きで毎週買いに行ってました。

10月になると、週末は無料のライブもあったりして、
アップルサイダーを飲みながらカントリーミュージックを楽しんだり、
畑にゴロゴロしているパンプキンを物色したり、子供は飾ってあるトラクターに乗ってみたり
木登りしたり・・・と、アメリカの田舎の秋を満喫できます。

http://www.mcglassonfarms.com/index.html

もう来年は通えないのが残念です。(;_;)
別窓 | 生活情報 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

川崎病 その4

7/20(水)

病院からの帰り、ドラッグストアにて、処方された血液を固まりにくくさせるアスピリンと
胃薬のZANTACを調達。
入院中、薬の味には凄く敏感になってしまい、フルーツピューレに混ぜても飲まなくなって
いたので、食事に混ぜたり、フォローアップミルクに混ぜてみたり。
でも、もうこれで熱との戦いはなくなったから…と思っていたら、
この日の深夜に再度発熱。
大丈夫かな…。

7/21(木)
元々退院翌日に予約が入れてあった主治医のいるかかりつけの小児科へ。今日もB先生。
熱はもうこれで下がっていくと思うので、再入院の必要はないとの事。
川崎病の症状のひとつである、手や足の先の皮のめくれが出てきて、
先生も興味深そうに頷きながら観察してた。
これまでたくさんの子供を診てきたけど、川崎病の子は2,3人しか見ていないと
おっしゃっていたので、息子も貴重な症例になったかしら?

そして、結局先生の言われたとおり、熱は退院した日以降は出ず、
1ヵ月後のエコー検査も異常はなく、アスピリンの服用も終了。
その後は全く普段どおりの生活に戻ることができました。良かった良かった♪

ただ、免疫グロブリンを大量投与した関係で、半年ほど予防接種を受けられないとの事。
また原因不明の特定疾患に指定されている病気なので、医療保険にもしばらく入れないらしい。

一方日本では、心臓に後遺症が残らなかった患者でも、5年間くらいは1年に一度検診を
受けることを勧められているようですが、こちらでは今後一切検診なども必要ないとの事。
これは、日本に帰ってから小児科に行って確認しようと思っています。

ちなみに川崎病とは…

川崎富作医師により1961年に発見された、主に乳幼児にかかる原因不明の全身性血管炎。
患者はアジア、特に日本人に多く、欧米人には少ない。また男児の方が若干多い。

主な症状は以下の6つ。
1. 5日以上続く原因不明の発熱
2. 目の充血
3. 手足の末端が赤くなり堅く腫れる→皮膚がめくれてくる
4. 皮膚の発疹
5. 口唇が真っ赤になり割れる、いちご舌
6. 頸部リンパ節の腫れ

このうち5つ以上を満たすと川崎病と診断されるが、5つに満たない非全型といわれる症例も多い。
(息子の場合、当初1,2,4,5が該当。解熱後3の指先の皮膚がめくれる症状が現れた。)

発症から10日以内に免疫グロブリンの大量投与とアスピリンによる治療を開始しないと、
冠状動脈瘤ができやすくなるとの事。
1982年から免疫グロブリン大量療法が行われるようになり、急性期の冠動脈拡大は約20%、
1ヵ月後の冠動脈障害は7%に減ったが、一部免疫グロブリンが効かない患者さんもいて、
最悪、乳幼児が心筋梗塞で死亡という事もあるらしい。

と、いうことで。

今回はたくさん勉強させてもらいました…。

後遺症で苦しんでらっしゃる子供さんも多いらしく、息子は早く適切な処置をしてもらえて
薬も効いてラッキーだったと思っています。

早く原因が解明されますように。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

川崎病 その3

先回の記事は記憶違いの所があったので少し訂正しました。
きちんとメモしておいたわけではなかったので…すみません。m(_ _)m

さて、つづきを。

7/18(月)

発熱7日目。
この日も朝、主治医のいる小児科からB先生が来てくれた。
主治医はどうもお忙しいらしく代わりの先生だけれど、とてもいい先生。
それにこの病院の若い先生方より経験もあって、立場的にも強いみたい。
今日熱が下がらなければ、明日免疫グロブリンの点滴をすることになるだろうとの事。

午前中、エコー検査の機械が持ち込まれ、検査を始めようとするも
息子が怯えて暴れてどうにもならず中止。
明日、鎮静剤で眠らせて検査する事に。
まぁ、当然と言えば当然の結果。大きな機械持って来られて
おとなしく寝てることなんて2歳前の子にできるわけない。
せっかく絶食したのにね…。

その後、モニターも外れてプレイルームで遊ばせてもらう。
たくさんのオモチャに本当に嬉しそう。
お姉さんがシャボン玉作ってくれたりして久々の笑顔。
とは言っても、手は点滴の針が刺さったままで固定されてて
痛々しいんだけれど。

またこの日は再度の血液検査も。
IV(点滴専門)チームが来て、息子の細い血管から手早く採血して行ってくれた。
う~んプロの技。昨日のナース3人での格闘とは大違い。
最初からIVチームにやって欲しかった…。

熱は相変わらず薬で下げている感じ。発疹、目の充血なども変わりなし。
食欲はあって、バナナ・ヨーグルト・フルーツピューレなどよく食べた。


7/19(火)

今朝はもう、朝先生が肩を叩いてくれるまで全く病室に入って来た事に気づかなかった。
看病疲れもピーク。
ミーティングで今日の午後から免疫グロブリンの点滴をすることに決定。
11時間ほどかかるけれど1回で済むとの事。

昨日失敗したエコー検査。今日はこちらから検査室に出向いた。
注射であっという間に眠ってしまった息子。
技師の方の手つきも素晴らしく、あっという間に終わって揺り起し、
アップルジュースを飲ませて、病室に戻る。
その後心臓は異常なしとの報告。良かった…。

午後3時。免疫グロブリン点滴開始。
最初は少しずつ、15分おきにナースがチェックに来て、
その後徐々に量を増やして行った。
ところが、またまたアラーム。やっぱり針がきれいに入っていないようだ。
結局、夜8時過ぎに一旦点滴を中止し、針を入れ直しにIVチームが来る事に。
1時間近く待ってやっとIVチーム到着。
やはりあっという間のお仕事。

点滴中に熱はすっかり下がり、また血圧も下が40位に下がったりして
少々心配になったけれど、とりあえず許容範囲らしい。
今晩は良く眠れそうね。

7/20(水)

午前4時頃点滴終了。
久しぶりに良く眠った息子。

そして朝のミーティングにて退院許可が出た。
え?もういいの?少々動揺。(^.^;

これからしばらくアスピリンを飲まないといけないけれど、
B先生より、アメリカ人の処方より日本人の方が量が少ない事が分かったので
日本の処方に合わせて出すよう、こちらの先生に指示したとの事。
ちゃんと調べてくれていてありがたい。

全ての手続きを終えて、午後2時過ぎ退院。
お世話になりました~。

つづく…。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ノーザンケンタッキーだより ~オハイオ川のほとりから~ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。